人気ブログランキング |

お局ちゃんブログ adunifit.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

仕事の合間にこじらせオバサンが更新してます


by mmm-inoue
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ノルウェイの森


ども。ども。どうもー。


ハルキストでは

ないんですが。

『ノルウェイの森』を観に行きました。





e0191302_18221874.jpg






監督トラン・アン・ユン
出演松山ケンイチ、菊地凛子、水原希子

高校時代の唯一の親友キズキを突然の自殺で喪ったワタナベ(松山ケンイチ)は、新しい生活を求め東京の大学に行く。そこでキズキの恋人だった直子(菊地凛子)と偶然再会。同じ悲しみを背負った二人は、大切なものを喪った者同士付き合いを深めていく。しかし付き合いを深めるほど、次第に直子の持つ喪失感は深くなり、20歳になった直子は京都の療養所に入院することに。そんな時にワタナベは大学で、春を迎えて世界に飛び出したばかりの小動物のように瑞々しい女の子・緑(水原希子)と出会う--。1987年に発表され、国内での累計発行部数870万部を誇る村上春樹の同名小説の映画化。『夏至』のトラン・アン・ユン監督がメガホンを取る。









ネタバレはないですが、これから観に行く方は

スルーしてください!





うむー。

重い、というか。

途中で、キャパオーバーになりそうでした。

ちょっと理解できない部分もあったりして。

ワタシが精神的に追いついてないだけなんでしょうけど。




ポスターや映画の予告を見て

この色彩のカンジ、好きだな〜と思っていまして。


日本の四季の美しさを生かしている映像には

透明感の中にも儚さって言いますか、

ヒトのもろさ、寂しさ、なんとも言えない虚無感とか…

が感じられました。

雨の音、風の強さ、緑の深さ、波しぶき、光・・・・人の感情。

セリフでは説明できないものを、小説では表現できないやり方で

美しく観れただけでも 

観に行った価値があるかもしれないです。




あと、マツケンの演技が素晴らしいです。

『人のセックスを笑うな』も映画館で観たんですけど

同じ人物には思えない…。


ダルそうに歩いて、タバコを吸う姿がスキだったあの美大生と

ワタナベが同じ人物なんですねー。

役者ってスゴいな。

あ、『デトロイトメタルシティ』もそうでしたっけ。


菊池凛子は力み過ぎな気がしたけど、じゃあ他に誰ができるんだ

と聞かれたら適役が思い浮かばないな。





見終わった翌日、

ノルウェイ後遺症みたいな、灰色なキモチだったんですけど

曇りや雨じゃなくて良かったー。いい天気で。

観に行く方は 当日〜翌日が晴れの日に行った方がいいと思います。

引きずります(笑)









絶対無い展開ですが

万が一、スピンオフするなら 断然

ハツミ(初音英莉子)。

スパイスが効いていて、哀しくて好きでした。



人が人を愛するということ


って何なんでしょうか。

ふと そんなコトを帰りの電車で考えました。






「分からんぜよー!!」



by mmm-inoue | 2010-12-24 18:26 | プライベートまとめ | Comments(0)