人気ブログランキング |

お局ちゃんブログ adunifit.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

仕事の合間にこじらせオバサンが更新してます


by mmm-inoue
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

映画鑑賞『ヒミズ』


ども。ども。こんにちは(・∀・)



数日前に書きましたが『ヒミズ』を見ようか迷っておりました。

結局、気になったら自分の中で“済”にしないと

落ち着かない性分なもので

金曜日 映画が始まる10分前に会社を飛び出て

観て参りました。



…多少ネタバレしますので

これから観に行く方はスルーで。




ヒミズ公式サイトは こちら














いやぁ、ベネチアで賞をとったから、という訳では無く、
…と言ったらウソですが、
主役2人の演技がスゴいです。
そこらへんの「人気若手俳優」の演技がお遊戯に見えます。
病気のように狂っていく、まぁ簡単に言えば「キチガイ」な住田さんを
演じられるのは日本で染谷将太だけなんじゃ、とう程。





震災後、脚本を書き変え、撮り直した、ってコトは知っていましたが
どーなんですかね?
少年や、日本の未来に対する絶望感を現す、その素材のように
被災地を使うのは… うーん、賛否両論あるでしょうね。
胸が苦しくなるし、これはドキュメンタリーではないのだから
震災そのものの景色(というか廃墟)をリンクさせるのは
きっついですね。
でも、あの現実を、あの景色をフィクションの作品としてフィルムに収めると
いうコトだけでも、この映画は価値があるって意見もあるでしょうし。
冒頭シーンは、被災した街並みから始まりますが、原作とは違う、
日本の現実と未来を突きつけてくるような映像に、
そしてムダに大きな音で流れ続けるクラシックのBGMに息苦しくなりました。




人気マンガが原作、人気の俳優が主演!という今流行りの
邦画とはひと味もふた味も異なる骨太映画。
この映画は、最後、ものすごくありふれたコトバで終わりますが
その再起へのエールが、今の日本へ重なったりもします。


わざわざDVDを借りてみるタイプでは無いワタシにとっては
観て良かった、園子温監督の、もっと残酷で痛々しい映画も
観てみようかと思っております。




…まぁ、あまり周りの、フツーの友達には
オススメしないですけど(笑)



あと、住田さんはやたら泥まみれになりすぎ!と
つっこんでしまいました。(観た方にしか分からないですね)



次回作も東日本大震災と向き合った作品だそうです。








〜参考までに
"希望に敗北した" 園子温監督「ヒミズ」を語る ←クリック








by mmm-inoue | 2012-01-26 17:34 | プライベートまとめ | Comments(0)