人気ブログランキング |

お局ちゃんブログ adunifit.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

仕事の合間にこじらせオバサンが更新してます


by mmm-inoue
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

仕事が少-----し落ち着いたので


ども。ども。こんにちは(・∀・)




昼休み、少し散歩してた時に見つけた、
この店。






e0191302_1517574.jpg









…で、何の店なの!! とつっこみたくなるのは
わたしだけでしょうか。






この地下だけ、もう新宿ではないような空間へ
繋がってるのでは…?









==========================================






最近みた映画。


『建築学概論』


自分で期待値上げ過ぎちゃったかなー、
と思いますが(笑)
(前売り券まで買った)


積み上げて完成していく建築の過程と
再会して揺れ動くキモチとが重なって感じるような、
とても丁寧な映画でした。


ド派手な演出とか無いので、エンドロールが流れて
「(゚Д゚)え?終わり??」 って思ったなんて大きな声じゃ
言えませんが。


スジが演じた 学生時代がヨカッタなー。
初々しくて垢抜けなくて、ちょっと計算高くて
段々キレイになっていって。

あと、Tシャツの使い方にはやられたよー!くぅーそうきたかー!って。




親友のチョ・ジェンソクが、うざくていいです(笑)





最近の韓国映画は、余韻を残す、流れなのかもしれない。
ちょっと前までは いかにドラマティックにするか、という部分に
力を入れていた作品が多かった気がするんですよね。


男性の視点で描いた淡い初恋の映画、
建築好きなヒトにもいいかも。


仕事上、あ、パースが見えた!とか
この模型はこうやって作ったのか、とか
その窓、その採光いい!とか… 過るんですが
リノベなので想い出の残し方と、新しい生活、っていうのが
再会した二人のようで、後からじわーーーーーーーっと広がってくる映画です。
その余韻残してるカンジが好きなのです。
















e0191302_15185761.jpg













『私のオオカミ少年』









ほぼ台詞がないのに、よく演技してる!

というか、まぁチョルスがかわいい。(ジュンギ)

斜め後ろの人がすすり泣いているので、ええ!私も泣かなきゃ!
と思ったものの、涙は出なかった…。


これは完全に女性がターゲットの(簡単に言えば韓流好きな)映画ですね。


でも、子どもも楽しめます。




e0191302_15195562.jpg







これから観たいのは、この2本。外せないですよねー。(って誰に聞いてるのか?)




『嘆きのピエタ』










『10人の泥棒たち』











仕事が多少残っていても、ええい!と映画を観に行きたいですー。





by mmm-inoue | 2013-06-24 15:21 | プライベートまとめ | Comments(0)